※トークライブの最新情報はトップページにて更新中です。

トークライブ 参加者さまのご感想集

おっぱいのような柔らかくて温かい社会になるといいな、と本当に本当に思いました。

わたし自身は0の状態で子供と接することが出来ているかは、少し不安です。

ただ限度を超えて疲れすぎると、すべての感覚が麻痺してしまうので、今年は疲れすぎることがないように生活をコントロールしたいです。

疲れすぎないために、娘さんの学校登校も前もって休めるように配慮しているお話を効いて、それはすごく大事なんだと感じました。

もりやさんのお話はとても素晴らしくて、壮大に感じましたが、わたし自身や、身の周りに現実にになっていくことというイメージを持ち続けたいです。

 

(男女問わず)全ての人に、おっぱい=母性のある社会が実現したら…

なんて温かくて生きやすい世の中になるのでしょうか。

想像しただけでも幸せな気持ちになります。

今、世の中は大人も子どもも疲れきって不安感も

大きくなっているように思います。

皆が大きな愛でお互いを包み込める寛容な世界になったら…。

なったら、ではなく、なっていくように、

今日の話をふまえて子ども達にも話してあげられたらと思いました。

今日は沢山お話を聞くことができて、また、聞いて頂けて

ありがとうございました。

私も、心は0にして聞く耳を育てていきたいと思います。

 

世の中が変化していっているところと思いますが、

そういう話はまだまだ一般的(多く)ではない。

ゆるやかで柔らかな世界。

もりやさんの言う、母性的な世界でありますように。

子供たちが伝えようとしていることを、もっと聞けるように

聞ける耳を持ちたいです。

一人ひとりの人生での「するべきこと」を考えたい。思い出したい。

 

 

 

 

 

☆人との関係にストレスを感じていたので、解決し気持ちよく過ごすヒントを頂きました。また明日から元気に頑張れそうです。

 

☆今日はありがとうございました。

前回同様とても居心地が良く、リラックスできました。

 

夫のこと、なんだか楽に考えられるようになりました。

まだまだたくさんお話ししたいです。よろしくお願いします。

 

☆自分で感じたことを大切にというか、ありのまま受け入れていけば良いんだなーと思いました。

感じるままに信じたいです!

何度かトークライブに参加させていただいてますが、

ここへは自分の気持ちを心地良く整頓させてもらいに来させて頂いています。

いつも、最初の緊張から最後は心をほぐしてもらって帰るのが楽しみです。心のくせがあって、どうしても詰まっちゃうのでトークライブにまた参加したいです。

自分を見失わないようにすることが、今の私にはまだ難しそうですが、今日聴いた話を少しずつ実践したいな、と強く思いました。自分の気持ちが整えば、子育てももっと楽になるんだろうな、と思います。私が楽になれば、子供ももっと生き易いと思いました。

 

全ては自分の認識によるものというのが、目からウロコでした。確かにその通りで、自分の受け取り方次第でどうにでもなるということに深く納得。そして、他人から見た自分自身も同じであることにも深く納得できました。人からどう思われているかをすごく気にしてしまう性格で、自分の気持ちも自分でわからないこともしばしばです。でも、今日お話を聞いて他人からの目は全く関係なく、魂に沿いたいと強く感じました。まずはその主瞬間、瞬間の自分の気持ちに心を傾けていきたいと思います。

 

自分らしくあるということを大切にしたいと思いました。

私は、まだまだ頭でゴチャゴチャグルグル考えすぎなんだと知りました。

上手くここに書けませんが、

今日、森谷さんにあって、お話を伺えて、

よかった、と思いました。

このよかったは、すごくよかった、で

 

上手く言えないくらいのよかった、です。

本日もありがとうございました。

わたしはすぐに忘れてしまうので、またこうして学びに参りました。

今日聞いていて、わたし自身の子育ては、まんざら悪くないぞ、と思ったのでこのまま子どもたちの不安定な思春期も

わたしと子どもを信じて、子どもの諸々の感情の波も、信じて見守ることができそうです。

引き寄せの法則も、ホ・オポノポノも、どうしても好きになれなかった。

本当の自分の気持ちにウソをついているような、

見ないようにしているような、そんな違和感があって受け付けられずにおりました。

今日やっと、引き寄せの法則(?)の本来の形を知ることが出来、嬉しく思いました。

また、昨年、職場で起きていた不快な出来事も「こういうことだったんだ」と納得。

今年はもう良い年になるしかないな、と胸がほっこりと暖かくなりました。

ありがとうございました。

 

不安な人に不安を届けない。

葛藤しているのはだれなのか?

まさに。

ここをよく見極めて子育てしていきたいと思います。

心配にはエゴが潜んでいるなぁ~、と良く思います。

やりたくないことでも、やりたいと思い込んでいることがあって、

他人の目から見た自分をいつのまにか演じていることがあって、

そういうものを注意深く区別して、わたしらしい、自信のあるぶれないわたしでありたいなぁ。

安心した状態で、クリアな目的に向かって励んでいけるわたしになっていきたいなぁ。

ありがとうございました。

 

子どもがネガティブに考えていることを、何とかポジティブに変えてあげたいと、

ずっと思っていました。ポジティブに考えられたら、楽になるのに、、、と。

でも、私がネガティブだと思っていることが、子どもにとっての『自分らしくある意思』。

だから変える必要は無かったんだ!と、目からウロコでした。

子どもを信じることの大切さ。

大きなことからちょっとした日々のことまで、自分のイライラを解消させたくて(ゲームをしすぎるとかも含めて)、

もっと任せて見守りたいのについつい言ってしまう自分が嫌でしたが、

やっぱりもっともっと信じて見守ろう!と思いました。

ありがとうございました!

(いつか中2病のお話し、聞いてみたいです、、、。)

 

 

とっても分かりやすかったです。

ばくぜんとしていたことが、文字と図とお話しで答えあわせが出来ました。

もう一度じぶんの心配事を丁寧に見返してみようと思います。

 

本日はありがとうございました。

・解決できる問題は「考えたらすぐに実行する、そうすると不安がどんどんなくなっていく」

・「すべきことはほどほどに」という2点が、今のわたしにはとても輝いて聞こえました。

すぐに解決には至らない心配事を、日々悩んだり考え続けるのはエネルギーのムダなのだと思ったら、違うこと(自分のしたいことや、実行)にエネルギーをまわそうと思いました。あとは、自分に湧いた感情はそのままで無理に曲げる意味も無いことが分かりました。最近、身体も心もすごく疲れやすくて、色々なことが楽しめなくなって、少しあせっていました。もしかしたら、それは、このムダやムリの蓄積だったのかもしれません。お話しとてもすごくて…。わたしはわたしでいたいなと願います。

 

初めて参加させていただきました。想い、信じること、自分自身のあり様など、心に沁みるお言葉の数々、

これからのわたし自身、家族に向けて実践していきたいと思いました。

まずはぶれない自分自身をもう一度見つめなおしてから一歩ずつ一歩ずつ進んでいきたいと思いました。

ありがとうございました。

 

自分の意思でやろうとすることではなく、やるべきこと、しないといけないことの方が多く、

I want toをあまり考えていなかったと考えていなかったと感じました。

自分がどうしたいのか(自分の意思)をまず考えて日々を過ごそうと思います。

今日もたくさん考え、立ち止まる時間を頂きました。ありがとうございました。

 

お話しにとても共感できました。少し前まで子どもたちのことで心配事があり、ずーっと心配していましたが、ある出来事で自分の考えが変わり、子どもたちを信頼するようになったところ、子どもたちが元気になりました。そのこと等の自分の体験と今日のお話が重なり、自分の中に言葉として理解が深まりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

「自分らしくあるという意思」のスイッチをONにする。

最近はそう出来ていることが多いかもしれない、と思いました。

不安もあまりなく、今考えても仕方のないことは一旦捨てるということも

自然にしていたな、と思います。

これが出来ない時、自分を見失っているというバロメータにしようと思いました。

自分が執着していることにも気づく事が出来ました。

そのエネルギーを、もっと違う形で自分のしたいことに向けていこうと思いました。

またお話聞きにきます。

 

 

空間のお話、とても良かったです。

ゆうこさんの「安心の空間」で、楽しく良い時間を過ごすことができました。

自分自身もそうですが、子どもも一人ひとり、その子の持っている個性を大事に

して、それを引き出し、輝かせること。これが大切だと再確認できました。

 

ありがとうございました。

☆わたし自身のことを、
もう一度考え直してみようと
素直に思いました。

 

わたしのことを考えようと思う心の余裕は、
今日のトークライブで、
子どものことは解決したと思えたからです。
 
ひとりひとりの個を尊重することを大切にしたい。
 
子どもへの言葉も
わたし自身をもっと大切にしてあげたら、
優しくなれるのだと思えました。
 
もりやさん、ありがとうございました。

☆ 数年前に教職を離れ、またもう一度戻りたいと思っていたタイミングでしたので「学びの場は誰のものか?」というお話や「大勢対一人の空間」のお話がとても心に響きました。まず目の前に居るこどもたち一人ひとりを、かけがえのないたった一人の人として大切に関わっていきたいと思いました。貴重な機会をいただきありがとうございました。以前からもりやさんのお話を聞かせていただきたいと思っていたので、とても嬉しかったです。

 

☆普段、自分がとっている行動、考え方は、こどもたちにとってはどうなんだろうと考えさせられました。わたしが彼らのことを勝手にイメージして、こうなのだと決めていたように思います。信じるということは難しいことですね。でも、彼らの話を聞こうと思います。きっと彼らが自分で考えて答えを見つけられると信じて。

 

☆あらためて子どもとの接し方、自分の心の持ちようを、楽にしていただいたように感じます。ありがとうございます。

 

☆自分の意識を変えることで、今からの生活にいかしていきたいです。普段、なかなかこういう機会が無いのでありがたかったです。

 

 

ありがとうございました。

幅広い知識に感心すると同時に、深い愛、そんなものを感じました。

また、言葉や例えのお話が素敵だなと思いました。

私が、今度子育て講座を主催するときに大いに参考にしたいです。

またブログなど拝見させていただきます。

 

もりや様
今日はトークライブありがとうございました。
遅れてしまい申し訳ございませんでしたm(__)m
憩の森カフェでチラシを見て、言霊の講座に興味を持ち、もりやさんの事が知りたくて、今日のトークライブに参加させていただきました。
ずいぶんと楽になりました。
ゼロベースで見ようとする動きがあること。息子は数々やらかしていて、それは内申などで受け継がれていくんだろうな…過去のことも判断の基準にされると苦しいだろうなぁと思っていたので、その考え方に安心しました。
信じなきゃではなく、信じてもらえてる事を確信すること。毎日ちゃんと家に帰って来て、私の作るご飯を食べ、ベッドに入ると速効でイビキをかく…息子は私の事を信用しているんだよ、と言ってもらい気持ちが軽くなりました。
ありがとうございましたm(__)m

またホームページから言霊の講座の申込みさせていただきます。

 



いつも、自分の子育ての方向性がこれで良いのかどうか、と迷う時に

確認するために参加させて頂いています。

私自身の感覚と、子どもの感覚を生かし合えている、

今の親子関係で大丈夫なんだと安心しました。

良い親になろうとせずに、共に歩める親子でありたいと思います。

とても安心できたので、これ以上の言葉が見つかりません。

今日もありがとうございました。

「大人もおりこうにならなくて良い」

という言葉に非常に救われました。

 

人工知能の話と、私の職人へのあこがれ(気になる!)が重なった感じがしました。

 

 

 

 

教育現場の実態、また過渡期における混乱など有用な情報をいただけました。不登校という状況についての捉え方をいろんな角度から教えていただき、ありがとうございました。

 


気になっていることを、直接伺えて本当に良かったです。

確認した感じと、

無力感と、

自分が今やっている仕事(ビオダンサ・いのちのおどり)(リズム・サークル・親子でのワークショップ)を大切にしていこうと思いました。

 

イエナプラン、いいなと思います。

子ども発言でき、子どもから発信していく、素晴らしいと思いました。

うちの主人も「子どもが先生になって、カリキュラムを考えたりしていく学校って良いんじゃない?」なんて

 

、そういえば言ってたなあと思い出しました。

 

 『朋あり遠方より来る』

 
20日のトークライブに、中高の同級生が
娘にと、可愛いお土産を携えて松本まで来てくれました。
東京で子どもたちと関わるお仕事をしています。昨夜受信したメールを読み返し、じわじわと胸の内に拡がる感動を嚙みしめています。35年超の友情に感謝。

 

 ☆ゆうこ様

 

昨日は短かったけれどとても濃い時間をともに過ごさせていただきどうもありがとう!

自分や娘、今関わっているお子さんたちお母さんたち、いろんなところに思いが駆け巡って、キーワードが絞り切れない状態のようです。

 

子どもは本気で熱くなっている大人に響く・・というところでは、さかなクンが浮かんできました。

彼は、小さい頃友達がいなくて、心を開けるのは魚と家族だけだったそうだけど、今彼が魚のお話するのを、子どもたちは本当にかぶりつきで聞いてるものね。

 

私が関わる子どもたちはみんな「ふつー」からはみ出ているけど、なんて個性的!と感動します。お母さんはなんとか「ふつー」を目指そうとしがちだけど、その子らしさを輝かせられるようなサポートの仕方を一緒に考えていきたい、と思います。

 

そう、言葉を紡ぐ、とか言霊のおはなし、もっと聞きたかったなあ。

子どもはなかなか自分の気持ちを言語化できないでしょう?

先生たちは子どもたちに、

何かと気持ちを言語化することを求めるんだけど、

まだもやもやとしたものに無理やり既成品をあてはめるような

いたたまれなさを感じるのね。

そういうものとどんなふうに関係するのか、聞きたいなあ。

 またぜひ聞きたいけど、すぐ来月、というわけにはいかないので、

もしそのへんのお話しが文字になっているものなどあったら教えてくださいませ。

 

松本という場を得ていきいきしている貴女の姿を、

きっとセシリアもザビエも「ほらやっぱりね」と顔を見合わせて微笑んでいらっしゃるのじゃないかしら?

 

取り急ぎお礼まで。

 

 

 

ゆうこさん。

ありがとうございました。
ちょっと緊張しながら伺いましたが、
思いがけず生まれた、贅沢な時間に感謝です。

ゆうこさんの優しく温かな空気の中で、一つ一つのお話をウンウンと聞きながらも、
「あー、私はこんな安心感を感じたかったんだなぁ」と
じわ〜〜っと温かなものが広がっていきました。
子供のことで悩みながらも、自分に向かって自分を探りながらの日々で、
こういうことなのかな、きっとこれでいいんだよねと感じつつ、
どこか心もとなかったんですね。
もっと早くお会いできていたら、あの頃の私はもっと楽だっただろうな、と
思いましたが・・・、きっとその時間すら私には必要で、
今のタイミングだからお会いすることができたのかもしれません。

子供の不登校で悩みの中にどっぷり浸かっている時は、
なかなか外に意識を向けるのが難しい時期がありました。
私だけでなく、そんな方も多いかもしれませんね。
不安な時こそ誰かともっと繋がっていればよかったな、と今の私は感じています。
それが子供にとってどれだけのプラスになったかなとも思います。
親の私が笑っていられることが、子供の幸せに繋がるんだと、
ゆうこさんのお話を聞きながら、改めて知ることができました。
今、いろんな気持ちが体に染みてきて、行ってよかったな!と思っています。

初めてお会いしたゆうこさんは、写真よりもずーっとキュートでした♪
本当にありがとうございました!

Vol.2トークライブ『魔の2才児と中2病?心配ないです、大丈夫!(ギフテッド チャイルド 光の子どもたち。

 

今後の教育の変化を考える機会となった。

勉強のやり方も、情報を入れすぎるのではなく、他の「ひらめき」なども大切にすること。学校でのテストの点数や順位付けなどで傷つくことなど、もっと気をつけようと思った。

母語での会話で思考力がつく。

ギフテッドかそうでないかというより、子どもの困っている状況を改善し環境を調えること、子どもと会話や、丁寧に関わることなど、中2病のトークライブの内容と重なるところで、子どもと関わるベースの大切さを感じた。今まではダメなことだと思っていた心の弱さや曖昧さを、人間らしさとして大切にしてもっともっと自分の中に受け入れていこうと思う。変化する時代の子どもたちが新しい未来を力強く生きていけるよう、その子らしさを大切にしていこうと思いました。

 

 

ギフテッドという言葉を初めて知り、今までADHDと言われていた息子の特徴とよく似ていた為、講座にとても興味を持ち参加しました。今の教育現場の実情や、これから息子とどう向き合ったらよいかのヒントを知ることができて参加してよかったです。

 

 

Vol.3トークライブ『魔の2才児と中2病?心配ないです、大丈夫!』

わたしってどうして学校に行けないの?

 

自分の子どもの今後の為と思い参加させていただきましたが、これまでの自分の人生の振り返りのような感じになり、たびたび涙が止まらなくなりました。子どもが小さいうちにお話が聞けて本当に良かったと思いました。これから自分の人生のモヤモヤを見つめ直し、受け入れていければ、子どもに対しての見方も変わるかもしれないと思いました。またお話を聞きたいと思いました。

 

子どもたちは親があれこれどうしようとしなくても、考えているし、眠り姫でも身体の成長中なので、とにかく大丈夫なんだな、と思いました。学校で、子どもが過ごしやすく楽しめるように、親が交渉役になっていきたいなーと思いました。不安なことが吹き飛びました。不安に思うより、まず子どもの状態を見て対応していきたいです。

 

 

本日は遅れてしまい申し訳ありません。最初からお聞きしたかったです。温かい口調で聞き取りやすく、お話がすっと入ってくる感じでした。悩む保護者の方も、信頼できると思うのだろうと感じました。自分の意見を言える場作り、(場というより環境づくりでしょうか。)必要で大切だと思っています。今日はありがとうございました。また改めてゆっくりお話をうかがいたいです。

Vol.2トークライブ『魔の2才児と中2病?心配ないです、大丈夫!(ギフテッド チャイルド 光の子どもたち。

 

 

今日、もりやさんのお話を聞けてとても楽になりました。こどもの世界の物語を、そのまま一緒に楽しんでいきます。私も中2病の時から学校に行けなくなり、家出をしました。

その時の両親の反応が、今の自分の行き詰まりだったり、根っこの部分を形作っている感じがします。息子が、この先たくさんのことを体験しながら感じていくことを、どれもこれも貴重なこととして愛でながら、寄り添っていきたいって、ワクワクできました。(来る前は不安がたくさん出てきていましたので。)ギフテッド・チャイルドの子どもが周りにも多くいる氣がします。本当に、みんな違っているのが素晴らしいんだって受け止めて抱きしめてあげたいと感じました。ありがとうございました。

 

ちょっと聞いてみようかな、くらいな感じで参加させて頂いたのですが、このお話を聞けて本当に良かったです。息子が、私とは違う、息子なりの物語を作っていけるよう、見守っていきたいと思いました。人工知能などの社会の裏側の話も、大変興味深かったです。ありがとうございました。

  

翔和学園のお話は衝撃的でした。世の中にはまだまだ知らない仕組みがあるんだなあ…と感じました。“自分が話す時、自分の声を耳7割で聞きながら”、とても参考になりました。たしかに、始まりの時から、もりやさんの話し方が穏やかでいいな…と思っていましたが、そういったことを心がけてお話されていたのですね。大人に対しても、子どもに対しても、また苦手なタイプの人に対しても、こういう話し方で接することができると、相手からより意見を引き出せたり、より友好的になったり、お互いが気持ちよい空間、時間を過ごすことができると思いました。早速やってみたいです。教育論一辺倒だけではなく、時事や、精神の面からのお話しも聞けてとても楽しかったです。もっと聞きたかった!

☆子どもはまだ3ヵ月なので、「少し早いかな…」と思いつつ参加してみましたが、参加して良かったです!魔の2才児や中2病がなぜあるのかを知ることができて、なるほどと思いました。いろいろなエピソードをまじえてお話ししていただいたのでイメージしやすかったです。これからの子育てがちょっと楽しみになりました!ありがとうございました。

 

☆子どもを尊重しなきゃとは思っても、なかなかできなかったけれど、子は親と別の物語があると絵本を見ながら聞いて、以前よりイメージしやすくなりました。参加者の中に小学生のお母さんがいて、小学校の先生とのつきあい方の話になり、先のイメージができてよかった。

 

☆これから迎える中2病時期が楽しみになりました。子どもの機嫌をとるようなことをしてたり、自分の思いをやらせようとしたりしていたけれど、その習慣をそろそろやめておかないと、十分な中2病時期を過ごすのを邪魔しちゃいますよね。今回も、楽しみになる話をいっぱい聞けました。

 

 

 

 

 

Vol.2トークライブ『魔の2才児と中2病?心配ないです、大丈夫!(ギフテッド チャイルド 光の子どもたち。

 

今日は急な参加にもかかわらず、ありがとうございました。「全受容」、とても素敵な言葉を知ることができました。たぶん多くの方が必要としていて、欲していつつもなかなか手に入らないで歯軋りしているものかな、とも思いました。コンサルティングを受けてみたくなりました。「物語ること」、少しずつできるようになりたいです。絵本もとっても良かったです。わたし自身に妹がいて、空想しがちなこどもだったので、なんだかちょっとせつなくなりました。

 

話を聞いていて自然と今までの自分を振り返ることができました。今まで自分のことが好きになれずにいたけれど、少しずつ自分を認めていけたらと思います。もうすぐ三歳になる息子は自己主張が増えてきて、これからますます増えていくと思いますが「忙しいから」とか「うるさいなー」(たまにやってしまいます…。)と流してしまわずに、しっかりと息子の声を聞いていきます。

 

☆“自分の人生を物語ること”、“わたしの再構築”、“わたしを創っていくこと”。

こどもの話、子育ての話としてだけでなく、今の自分にも当てはまる深い話でした。

『ひみつのいもうと』。この絵本の物語も美しくて、本当に素敵でどっぷり浸ることができました。わたしたち一人ひとりの人生も、宇宙の視点から見て物語ることができたら、どれもみんな素敵で豊かな美しい物語なんだろうなと思いました。「わたしたちはみんな全受容されている」、「全ては大丈夫でうまくできている。」という、深く静かなところにあるものに目を向ける時間でした。

 

ものすごい速さで物事が進んでいるのだと、あらためて気づき、またアンテナを張りなおさないと、と思っています。良きことはゆっくり、悪しきことは思わぬ早さで。Gifted Childがそれぞれの早さで歩いてゆけますように。

 

今日はギフテッドチャイルドには珍しくゆうこさんがたくさんお話しする会になったと思いますが、主に全受容についてのお話と感覚を共有できました。わたし自身が全受容についてはテーマとしてきた部分だと思うけれど、特に三番目の子がわたしの物語、彼の物語を明確に分けていってくれる人なので、今日の話がとても面白かったです。彼は本当に彼の物語を生きていて、

I want to~でしか生きていないから保育園では変わり者として先生の目に映っていますが、そのエネルギーの強さがそのまま伸びていけるよう、ゆうこさんのこのようなお話しの会は、安心と真実を見抜く力を掘り起こしていく機会となって、いろいろな確認の場となり本当に良かったと思っています。いや今日もタイムリーな会で面白かったなあー。また、たまたま中2病の話をしていたけど、そういう視点で自分を感じたことが無かったので、自分が強く2才と中2の記憶、910才の時の記憶や内面のことを憶えていることを確認しました。それも良かった。

 

 

今日はありがとうございました。ご指摘の通り、行く時に迷子になっていました。遅れて行ってすみませんでした。でもいい話が聞けました、ありがとうございました。絵本の読み聞かせのところはもっと集中して聞いていたいな・・・と思っていましたよ。

☆ファンタジーを読んで、自分の中に自分主体のストーリーを構築するという話、親も子供も別の車の運転手であり、子どもの車の助手席に座り込んではいけないという話などその通り!私が理想と考えている子育てです。そんな子育てを自然とできるよう、少しだけ意識して・無理のない範囲でやっていきます。ありがとうございました。

 

 

分かりやすくお話ししていただいて、こどもへの関わり方の不安が軽くなりました。まずは、自分の話す声や言葉を意識してみたいと思います。“一人遊びの時間”、大切なのですね。自分の関わり方が足りないのかと思っていました。こどものペースを大事にしたいと思います。少し引いてみる姿勢を心がけたいと思います。また機会があればぜひお話をお聞きしたいです。ありがとうございました。

 

大変ためになるお話をありがとうございました。“なるようにしかならない”。本当にそうなんだな~と心が軽くなりました。無理せず育児を楽しんでいきたいと思いました。いろんなお話しが出来て嬉しかったです。ありがとうございました。

 

 

 

 

☆ゆうこさんと初めてお会いしたときの、ゆうこさんのまわりにある独特の空気感、お話しをしているときの、ふわっとやわらかく美しくて、芯のあるゆうこさんの言葉遣いが忘れられず、ゆうこさんがトークショーを開かれていることを知ってから、ずうっとずっと気になっていました。

やっとお話しを伺うことができて、あんなに自分の心が開いて、すうっとゆうこさんの言葉が入ってきて、そうしてすとんと心から納得したら、自分でもびっくりするくらい沢山のたくさんの涙があふれてきました。本当にとめられなくて・・・でも流させていただいた涙の分、洗い流されるようにすがすがしい気持ちも一緒に受け取ることができました。

 

12年前、初めての子育てで、ずっと憧れていた「お母さん」になった私は、いつまでも泣き止まない赤ちゃんを抱いて、「こんなはずじゃなかった」って何度泣いたことでしょう。

もっと美味しいお料理ができたらいいお母さんになれるかな、お掃除がちゃんとできないからいけないのかな、もっと笑顔でいなくっちゃいけないかな・・・今の自分じゃなくなって、「いいお母さん」にならないといけないって、いつも頑張っていたように思います。

彼の初めては、みんな私の初めてで、そうやって一緒に大きくなってきました。

そんな彼も今年、中学生。「ママ、ママ」って私の半径一メートル以上離れなかった彼は、少しずつそして着実に彼の世界を広げていって、そうしていつの間にか「ママ」としての私の役割の終わりが私にも、そして彼にもはっきり見えてくるようになりました。

 

「子どもは預かりもの・・・」頭ではそう分かっているつもりでしたが、彼が離れていってしまうことが、こんなに身を裂かれるようにつらい気持ちに自分をさせるなんて・・・そんな寂しい気持ちをどんな風に消化したらいいのかな、自分は子離れ、ちゃんとできるのかな・・・最近は本当にそればかりを考えていました。

 

「子ども達は、お母さんを幸せにする手助けをするために来てくれている。こどもたちが差し出してくれているものをちゃんと受け取ることができると、こどもたちは安心して子ども時代を終えることができるのよ。ありがとうって受け取るのよ」というゆう子さんの言葉が本当に心に染み入りました。

そうしてゆうこさんのメッセージは、ずうっと子ども達が私に伝えてくれていたものだって思い出しました。「ここにいるものは、みんな必要だからいるんだよ、ここにいていいんだよ」ってまっすぐ全てを認めることを教えてくれる長男、世界は本当に美しいところだって、面白いところだって教えてくれる次男、まっすぐに大好きって伝えられることがどんなにかわいくてステキなことか教えてくれる三男、そうしてもっともっと自由になれるよって教えてくれる長女・・・

「こうなったら・・・なのに」っていつも空回りして頑張っている私のすぐ隣で、「何だっていいんだよ、何かしなくてもいいよ、大好きだよ」って、丸ごとを許すことを、子ども達は身をもって示してくれているんだって、最初からすっかり許されていたんだって、そう思い出したら、また泣けて、泣けて・・・ああ、私は愛されているんだなって・・・彼らの愛をうけとることが私の役割なんだって、そんな当たり前の大事なことを、思い出したのでした。

 

「思春期を終えて、ちゃんと「自分になった」子どもとの関係は、それまでの関係よりも100倍楽しいよ。離れていても、連絡しなくたって、いつだってお互いの幸せを祈っているんだよ」って、まっすぐにニコニコ話されるゆうこさんとお話ししているうちに、おそるおそる見ないようにしていた、子離れを終えた自分の未来が、何だか少し楽しみな気がしてきました。

そのために、しばらく自分のところから離れてしまうだろう彼を静かに見守るのも悪くないかなって。毎日いっぱい話しかけてくれる子ども達のことばに、じっくりと耳を傾けて、彼らに教えてもらいながら、たすけてもらいながらいけばきっと大丈夫かなって。

 

ゆうこさんが耳を傾けてくださったから、何でも話して大丈夫っていうそういう安心感を、あの場の空気に感じられたから、自分の本当の気持ちと向き合うことができました。ゆうこさん、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました。

(参加パパさんのご感想)☆子育ては初めてで、正解のあるものだとは思っていないのですが、失敗の無いように(自分もこどもも)枠の中に閉じ込めてしまっていたように思います。親が経験したことの無い将来を生きていく子供に、親の常識が通用しないということを、お話を伺っていて思いました。

 

☆日々、自分の忙しさと、こどもの将来を先回りして心配するあまり「〇〇やりなさい。」「急いで!」と口やかましくしていました。心のどこかで「やめたいな、もっと心穏やかなママでいたいな。」とも思っていました。もりやさんのお話を伺って、もっとこどもを信じていいんだ!もっと自分の今までを「いいよ!」と受け入れて良いんだ!と明るい気持ちになりました。

 

☆皆様がお子さんに対して本当に愛情を持って、日々過ごしていらっしゃるのを感じて感動しました。

今日の五年後の話を聞いたのは、私にとっても皆さんにとってもすごく良い視野の広がりになったと思います。

今回皆さんの話をかなり伺えたのもとても良いと思います。

 

☆今日ももりやさんのお話を聞いて気持ちが楽になりました。ありがとうございました。学校という存在のありかたについて今までの考え方と一変しました。そして怖いと思いました。これから30年後、こどもたちが楽しく生きられる世界であってほしいと思います。

 

☆前回の参加以来、こどもを見る目がちょっと変わったかも。自分の見方を変えてみるというというのが、とても大きかった。自分自身も学校生活になじまなくなって、友達をつくるのも大変だったけど、ゆうこさんのお話を聞いていて、自分のことを知る部分もあったりして、安心しました。

 

☆これから中学生になるにあたって、その中学生活になじめるように準備しなければ、と思っていたけれど、やっぱり子供の気持ちと個性に任せて楽しく、おもしろい未来にいきていってほしいな、と思うようになりました。

 

☆目からウロコの二時間でした。こどもがよく母のことを見ているなあ~と思ったのと、自分の立ち位置がふらふらとしていることに気がついた。自分だってそうだったよね、というところに気づかせてもらった。

 

☆二回目の参加でしたが、とても楽しく聞くことができました。ありがとうございました。楽に力を抜いてこどもを育てることができたらすてきだなと思いました。自分の話を口より耳に意識を向けて話すことを心がけてみます。保護者の職権乱用しないようにゆとりをもって生活したいです。

 

☆これからどう育てていかなければいけないかを、勝手にとても不安がり心配してしまっていました。が、力の入りすぎがこどもの成長を止めていたことに気づきました。まずは親の力を抜いて、こどもの身体、気持ちもゆるめてあげる事をやってみようと思います。

 

☆こどものことを全て知ろうとしていました。それが逆に良くないと知ってびっくり。こどもに対してよい親となろうとしていることが、こどもを硬直させてしまっていたんですね。これからは良い親になることよりも、いかにこどもを硬直させない親になるかを目指そうと思いました。もっと子供を信用、信頼してゆるゆる子育てしようと思います。あと、ムカーッとなったらこどもの目線より下になるのを試そうと思います^_^

 

☆すごくステキな会だったと思います。何が、と言われると何と言えばいいのか分かりませんが。何が大切かという、とても大切なことが見えました。

 

 

☆二度目の参加でした。一度目の時に、自分の胸の中のモヤモヤが消え、まるで自分自身の性格が変わったのではないかと思えるくらいに気持ちがすっきりしました。二度目の今回、また新たな言葉が胸に入ってきました。目指している自分になれるよう、今日お聞きしたことを実践し、積み重ねていきたいと思います。まだまだ何度も聞いてみたいトークライブ。とても心地良い時間でした。

 

 

☆こどもを「信じる」ことの大切さを深く感じました。親に心配されるのが嫌だったことを思い出しました。自分が心地良いようにこどもと接していきたい。ありがとうございました。

 

☆子どもは意志をもって生まれて、お母さん、お父さんを選んで生まれてきているんだな。忘れている。2才児は外にイヤイヤを発して自分を守ろうとする。中2は内にこもって自分を確認する。成長していくと、考えすぎてしまい、わからなくなることがあります。自分がわかれば、信じることが出来れば、世界観が変わるんだと思いました。子どもは愛そのものだな、と感じました。今日、参加できてよかったです。ありがとうございました。

 

☆いくつになっても信じてあげることは大切ですね。母として、ちゃぶ台をひっくり返したくなる時があるので、6割の気持ちでできることを続けてあげること、との言葉が、わたしにとって「それでいいんだ」とすごく響いて、ホッと楽になりました。

 

☆おんぶが大好きな娘。ずっとこのまま甘えん坊なのかと思うと、不安もあり、どうしたらいいかなと思っていましたが、「今だけなら…」という気持ちになり、好きなだけおんぶしてあげればいいのかなと思いました。重くて大変だと感じることもありましたが、それよりも、ずっとこうなのかなということが引っかかっていたので、すっきりしました。ありがとうございました。

 

☆参加してよかったです。聞きたいことを聞けて、ゆうこさんからの話でたくさんの気づきもありいい時間でした。ありがとうございました。

 

☆穏やかなお話をとてもリラックスして聞けました。悩んでいたことを悩まなくなる糸口をがつかめた気がします。またお話を聞きに来たいです。

 

 

 

 

Vol.2トークライブ『魔の2才児と中2病?心配ないです、大丈夫!(ギフテッド チャイルド 光の子どもたち。

 

☆とても楽しかったです。今までの自分を振り返ることができたり、自分と両親との関係を振り返って、「ああ、なるほど!」と想うことが多かったです。そして、一緒に参加された方々のお話を聞いて、笑ったり、悲しんだり…。ものすごく勉強になりました。

もっともっと沢山お話を聞きたいです。

言葉では言い表せない感動をありがとうございました。

 

☆子どもは親の想像を超えている。

わたしは何を不安に思っているんだろう?

子どものこと?わたしのこと?

考えても分からないことを、何をイヤだと思ってるんだろう?

自分の中を見てみようと思いました。

でも、誰かに話を聞いてほしかったのかも。

ありがとうございました。

 

☆きょうはありがとうございました。

本当に、今までよく生きてきたなって。

わたしと夫のところを選んで生まれてきてくれた。息子とはどこかでつながっている…。深く優しいところに、昔いたような感覚にさせてくれて安心している。いろいろしなくちゃ、やらなきゃ、ってがんじがらめになっている時に、もりやさんのお話を聞けるときをいただけて、またひとつ、私の心に光がたまってくれました。ひとつひとつあったかいものがたまってきてくれると、見る目が変わってきて、自分が優しくなる…、自分に素直に声が聞ける。こうなったときにこうするというスキルを、できることで補うことを、ひとつひとつ増やしていきたい。ありがとうございます。

 

☆超マイペースではみ出しがちな息子を心配していましたが、何とかなりそうな気がしてきました。息子に何か教えてもらえることがあるなら、教えてもらいたいので、受け取る気持ちを持つようにしたいです。いろいろ、もっと気楽で良いのかなと思えてきました。ありがとうございました。

 

☆子どもは自分よりも賢い、先輩、ということをあらためて思いました。また、早く親のために為すことをして、自分のことにとりかかりたいということに気づきを頂きました。ありがとうございました。

 

 

☆年長児と1才の子どもの子育てをしています。

子どもとの関わりの参考に、と思い参加しましたが、

自分が今悩んでいたこと、考えていたことの解決になりました。

来るべくして来れた機会だったと実感し、心から満たされました。

モチベーションを上げるべく、これからも時々お話を聞きたいです。ありがとうございました。

 

☆育児のことだけでなく、これからの自分の生き方にすごくためになるアドバイスを頂いて良かったです。

自信を持って子育てしていこうと思えました。

ありがとうございました。

 

☆子育てについて、つい自分に何か間違いがあるんじゃないかと感じやすいけれど、妄想の部分も多かったり…。

あらためて、自分と子どもは別の人間と思って、子どもから教わることも多いと思って、わりきれる部分も持ってがんばろうと思えました。

 

☆今日はお忙しい中、ありがとうございました。

家は男の子が2人なので、これから思春期などどうなっていくのか不安に思っていました。

でも、今日先生のお話を聞いて、自然なことと思い、じっくり見守る姿勢を忘れないようにしようと思いました。

他にも、様々なアドバイスを本当にありがとうございました。

 

☆まさに2才児育児中。自分の声かけの仕方はこれでいいのか?娘に対してきつすぎないか?と日々反省のしっぱなしでした。大好きであることは伝えているのですが…。

今日、もりやさんの耳7割のお話をお聞きして、自分にも心地よく、こどもにも心地よい言葉を発することができるかも、と思えました。ドライブに例えたお話、イヤイヤの正体のお話もハッとする内容で、イヤイヤのお話は心が軽くなりました。

五感を意識して子と向き合うこと、心にとめながら子育てしてみようと思います。

もりやさんを通じてこどもの世界を改めて知れたこと、参加できて本当に良かったです。ありがとうございました。

 

☆ゆうこさんのお話を通して、親の肩の荷が下りるような気持ちになりました。

そして、こどもを1人の人として尊重してあげること、押し付けず、ありのままを愛して認めてあげることの大切さをあらためて実感する機会をいただきました。

また、一番愛されたい人に愛されている実感をわが子に感じてもらえたらいいなと思いました。ゆうこさんとお話しする中で、自分の心の中の思いが言葉になり、すっきりすることもできました。ありがとうございました。「お母さん」をもっと楽しめそうな気がします。

 

☆温かいメッセージと、全てを受け止めてくれる雰囲気がとても心地よく、素敵な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 

☆もうすぐ2才になるこどもなので、イヤイヤ期の話が聞けて参考になりました。こどものためにいろいろやってあげなければいけないと思いあせっていたので、気持ちが楽になりました。わたし自身が母にいろいろやってもらっていたので、その経験があるからかもしれませんね。わたしと母の関係についても考えるきっかけになりました。

 

☆子育ての中で感じていた不安や悩みを言葉に出す機会は、今までにあまり無かったので、今日、話を聞いてアドバイスを頂けて、方の力が抜け、癒される時間でした。

是非、またこんな気持ちで過ごせる時間を持てたらと思います。

 

・その子にとって必要なことは自ずと揃うから、それまで待つので良い。―そうだと思います。

    ・「魔の2才児」を育てているお母さんたちの手伝いが出来る環境を整えていけたらいいなぁ。

    ・お母さんたちの持っている漠然とした不安を取り払っていらっしゃる。

    ・一番下の子が、スーパーでひっくりかえって泣いた時、それまではそんな子を見ると、「親がどんな育て方をしたのかし          ら」と思っていたけど、いざ自分の身にふりかかると「ああ、これはこの子の性格なのだ!」と分かりました。そんなこ         とを思い出しました。

 

☆やっぱりゆうこさんとお会いした日は、

心いっぱい温かいものに包まれて満タンになります。

娘にはチュッチュしちゃうし旦那さんにも柔らかく接するようになります。

2才や中2のお話だけではなく、様々なお話が聞けてワクワク楽しい時間でした。

以前、尊敬する人から「思った通りになるよ」と教えてもらったのは素領域?の話だったのかな?

その言葉は心配して不安がっているとその通りの事が起こるよ、という意味のみになっていたけれど、今日からはポジティブな言葉に変わりました。

 

わたしが一生懸命(笑)悩んでいることは、娘本人の悩みであり、わたしがすべき事はそこにはないこと、そして娘自身にその力はすでにあること。欲しかった真実です。

スキップしたいくらいです。

 

子育てというか人間育てというか、そもそもわたしという人間育てを充実させなくてはなぁと、来年のテーマはその辺りかなと思いました。

 

ゆうこさんと娘さんの雰囲気を知れたのも少人数だったのも、とてもツイてました。

今日もありがとうございました。次回は太極拳に参加させてもらいたいと思います。

 

 

☆前回は息子が外に出たがったりしてしっかりとお話が聞けなかったのと、2歳を迎えて具体的に質問したいことが出てきたのと、もりやさんのほっこりした雰囲気に包まれたい気持ちもあり、再度お話を伺いに参加しました。

たくさんの情報に触れる中でまた出てきた不安や疑問を解消でき、違った自分でお話を聞くことができて、新たな発見ばかりでした。軌道修正ができたようで、本当に行けてよかったです。

(以前、子育て講座~『言霊』で国語力アップ!『魔法の話しかけ』でハッピー育児~でお会いした)Nさんに今日お会いしたのも、なんだか目に見えない世界のひとつのサインのようで、もっと気楽でゆっくりで良いんだって、さらに強く感じることができました。

今は羽が生えたくらいに気持ちが軽いです。

どうもありがとうございました。

またお会いするのを楽しみにしています!

 

☆(『光のこどもたち』)

「同じような気持ちのお母さん達に行き会えた事がとても嬉しかったです。そして、とても安心しました。 こんな風に、いつも感じていることを包み隠さず話ができる機会がまた持てれば心強いなぁと思いました。ゆうこさんのお子さんの話が、とても楽しかったです。そして、とても勇気づけられました。 『追い込まないでくれて、ありがとう。他は何でもよかった』が 印象的でした。そして、ハッとしました。 何となく、私が息子を追い込んでしまっているのかもとも感じました。ついつい、言葉が乱れてしまいがちな我が家ですが、日頃から美しい言葉を心がけようと思います。 先輩に話しをする感覚で、息子にお話していきたいと思いました。ゆうこさんと参加者の方と豊かな時間を共有できたことをとても嬉しく思います。ありがとうございました。」

☆こどもと一緒にこれからも歩いていかれる気持ちになりました。こどもを知るために参加しましたが、自分の立ち位置を再確認することができました。

 

☆こどものことを信じ、接していきたい気持ちがあっても周り(保育園や両親)の反応や言葉に戸惑ったり、影響されてしまい、自分が自分ではない人のままこどもに接してしまうことが嫌でした。今日、ゆうこさんのお話を聞いたり、他のお母さんたちのお話を聞けて、「これでいいんだ。」「これで安心していいんだ。」という委ねていく気持ちがしっかりと持て、心にゆとりができました。周りの世界をつくっているのも自分。自分がぶれないよう安定していられる時間が少しでも長続きできるスイッチが、今日できた気がします。『信じること』『(周りの)視点を少し変えてもらう働きがけをやってみること』『こどもを敬い、尊敬すること』をこれからも日々大切にしていきたいなと思いました。楽しかったです。本当にありがとうございました。

 

 

☆今日はありがとうございました。楽しくお話を聞いたり、話しをすることができました。これから息子としっかり向き合って楽しく子育てしていきたいと思います。

☆今から実行できる事が沢山あり、心が軽くなりました。こどもがさらにかわいく思える不思議な気持ちになりました。他の方のお話も生活にとても活かせるアドバイスになりました。意外と子育ての時間は短いんだなぁと知り、一日一日、瞬間瞬間を楽しみ、または苦しみ、自分の心を育てていきたいです。またお話し出来る日を楽しみにしています。


☆やさしくなれるようなお話でした。ありがとうございました。「あ~、大丈夫なんだ。」と安心もできました。


☆今日はお会いできてとても良かったです。これから先、思春期を迎えるまでの短い間の子育てを、まだまだ楽しみたいと思いました。

学校のことは、まだまだ長い道のりになりそうですが、こどもの意見を尊重しつつ折り合いをつけていきたいと思います。また色々教えて下さいね。今日はありがとうございました。


☆「これもよし」「どれもよし」という言葉を、息子にも自分自身にも言いたいと思いました。それが自信につながっていくのかなと思います。心配しすぎず、自分も息子も大切にしていきたいと思います。


☆本日はありがとうございました。「心配な思春期」と思っていましたが、「心配」を「信頼」に置き換えて対応してやっていけば上手くいくかも、と気が楽になりました。こどもを信じるという事を忘れていたと、気づく事ができました。分かりやすい例を用いたお話がとても楽しかったです。ありがとうございました。



☆心配するより信じる!が心に残りました。自分の中2の頃を思い出して、そういうふうに分かった上でそっとしておいてもらえてると分かると安心だな…と思って、その時が来た時の心構えができて安心しました。保身の原理、いろんな場面でいろんな人と接するときに頭におこうと思います。耳7割で話すこと、子離れ親離れの時のために、毎日大切に時間をすごしたいと思いました。

☆姉に誘われて参加させてもらったトークライブ。子供が1才の時、離婚をして6才で再婚をしました。あまり憶えていない位無我夢中でやってきたのですが不安や心配になる事が多く、あの時こうしていればもっと良かったのかな…など思っていた私にとって、とてもタメになり心が落ち着くひとときでした。参加してよかったです。ありがとうございました。

☆保身の原理…保身(を捨てる)を頭におくことで人との関わりがスムーズに、目からウロコでした。家族と、人と関わる時、一呼吸おけるようになりたいです。頑張ることが美しいと思う自分、甘えるのが不得手な自分。保身なんだなぁ、と。そんな自分も認めてあげたいです。2才と中2につながりがあったなんて!もりやさんの優しい口調で心地よく耳を傾けられました。耳7割(で話をする)。他の方も迷いつつ一生懸命な様子が見れて嬉しかったです。ありがとうございました。もっと書きたいことがあるけれど、これで失礼します。感謝をこめて。

☆こどもの成長の過程で、こんなことがあるんだということを知ることができてよかった。聞いていなければ、中2病といわれる時期にあれこれ口を出してしまったと思いました。がんばって見守るようにしたいと思います。これから来るだろうイヤイヤ期も成長なんだと思ってイライラしないで対応するように頑張ろうと思います。

☆本日は貴重なお時間をつくって頂き、有難うございました。子供は現在1人(1才4ヶ月)ですが、この先2人、3人とこどもができた時に心得ておきたい内容のお話もあり、大変勉強になりました。いろいろと考えることもありますが、自分もついこの間までは子供だったなと考えると、自分の子供に教えて育てていくというよりも、一緒になって同じ目線で共に成長していこうと思いました。自分を押しつけることなく、子供を信じてあげることを大切に、大きな心で子育て(自分育て)を楽しめればいいなと思います。お話の中で目からウロコの内容が沢山でした。有難うございました。

☆今、自分のこどもに何が起きているのか、ということが非常によく分かって、こどもを見る目を変えてみようと思いました。

☆とても楽しかったです。ありがとうございました。また来させていただきます。

☆本日学んだこと

①中2病というさなぎの時には信じること意外の手段を失う。→それまでの間に信じてもらえるようになっておくことの重要性。

②保身の原理(自分を守るルール)が自分にも相手にもあって、そのルールがぶつかると表面上のぶつかりが多発する。かわらないルールを持つこと。自分の心を感じ相手の心を感じることの重要性。

 


☆父として、娘に日頃、どう接していたかを、今日の場でのお話を聞きながら、客観的に振り返り、思い返すことができました。なかなかそういう機会って無いんだな~と気づきました。「もっと、こう接してあげたい」「もっと、こう接してあげよう」という具体的な対応が見えてきました。うちの娘は11才だけど、いわゆる『中2』の時季なんですね。(松本市 2才、11才の姉妹のパパ)

 

☆はじめてこういう会にたまたま参加しました。なかなか考えさせられました。楽しかったです。いろいろな立ち位置から考え方が違うんで面白いなぁと思いました。(安曇野市 中2女の子のパパ)

 

☆中2の息子に対して安心して信じることができそうです。自分の声を意識して耳7割のイメージで話すこと、さっそく試してみます。さなぎの時季を見守って、ドアを開けて出てくる息子のことが楽しみになりました。ありがとうございます。

 

☆きらきらの輝きが全ての子達に続くと良いな!自分を見つめること、その時間はとても大切なもので、きっと生涯、自らに「なぜ?」を問い続けるのだと思います。人々にゆっくりと考える時間を頂いている今、森谷ままの言葉は一つの大きな気づきとなりました。信じて見守ります。

 

☆よくある、「こどもは宝」「全てを受け止める(?)」のような話はいやだったので来ることを悩みました。けれど、「保護者である」ということで 肩の荷がおりました。周囲の方や、夫、姑などの目もありますが、わたし自身も孤独を大切にしていこうと思います。ありがとうございました。

☆ 子離れできなくて、自分はとても淋しいのだと分かりました(笑)。家に帰って、子どもと楽しく過ごせるヒントをたくさん頂くことができたので、子どもと向 き合って、主人と二人で子離れしていけたらいいな~と思います。起きなくても良し、母が一生懸命するのをやーめたっ。と宣言したいと思います。きっと娘は 私よりも大人です(笑)。大丈夫だと思えました。とてもスッキリしました。もりやさんの優しい話に癒され、気付かされ、とても良い時間でした。ありがとう ございました。

 

 

☆とても楽しく、そして「そうそう」「なるほど~」と聞かせていただきました。具体的にやってみようと思いました。 「兄弟の気持ちのかけるさじ加減」「中2娘への心配をやめる。どうしてわたしが世話をやきたくなるのか、わたしの心の中の心配 をみてみる」。大きなヒント を頂きました。ありがとうございました。一緒に行った2才の姪っ子がとてもご機嫌で嬉しそうでした。ゆうこさんから伝わる「分かっている人。分かってくれ る人。」というのが瞬時に伝わっているとおもいました。

☆1才の子を連れて来ましたので最後のあたりを聞けなくて残念。「上の子大さじ1、真ん中の子中さじ1、下の子小さじ1」を忘れず、自分が日々新しく生まれ変わり、子どもたちに「おはよう!」と伝えていきたいと思いました。ありがとうございました!

☆ もりやさま、今日はありがとうございました!いま、子育てだけでなく普段の生活でうすうす感じている「こうしたいんだけど、なかなかうまくいかないなぁ」ということや「私はいつもこのことで感情的になるなぁ」ということについて沢山ヒントをもらえた気がします。友達の息子さんに絵を描いてあげたりしながらで、充分に聞けなかったところについて確認したいのですが、「ロンドン」という地名が出てきたのは「現代は一世代前に比べると環境問題もかなり悪化していて、子供たちはそれに対応・適応すべく『進化』しているのに、周りは『この子は何かおかしい』などと異常扱いする」という話の流れだったと思うのですが、環境問題とどういう関連だったでしょうか?『進化』という言葉について、どの時代においても人という動物として、30年たてば自然と進化するというよりも、この30年間はかつてない速度で環境が悪化しているから、我々世代の子供たちは人間の質がかなり変わってきているということでお使いになっていたでしょうか。

 そうであれば、子どもたちの行動や思考や理解しづらいところもあるわけですが、成長の仕方は子供たち自身親や祖父母にとって、今がよく知っているから、我々は彼らがそれを達成する手助けをするというスタンスで彼らが好きなことや得意なことをよく観察して、そこを伸ばすための環境を整えるということでしょうか。

 2歳の子供のエネルギーの放出がタイミングを逸して、もっと後になって出てきたとき「私は客観的にみて子供のエネルギーを受け止める余裕があるということなんだと思えばいい」というのも安心しました上の男の子(6歳)のエネルギーを受け止めきれたか自信がなかったものですから。

 人は人を変えられない、というのは夫婦関係にも当てはまり、もっと夫を尊重したいと思えるようになりました。今日から実行に移せるかどうか、楽しみです(笑)

もっといろいろと書きたいところですが、長くなりましたので失礼します!

 

 


☆いつも新しい世界でがんばっている息子に大さじ1杯の愛情をあげたいと思います。大さじ、中さじ、小さじ、兄弟3人が仲良くなりますように。中学生になるまでにたくさんふれあって、さなぎの時季を見守ってあげられますように。
☆自分の中のモヤモヤがはれました。ありがとうございます。事前に質問内容をまとめておけば良かった…。次回も楽しみにしています。

不登校気味で「さなぎ」になりはじめている息子がいます。でも、見守り、素敵な蝶になることを楽しみにしていようと思えました。そして自分の内面に向き合い、不安を取り除く大切さを知りました。ありがとうございました。

追伸:母から離れようとするとき、気持ちよく軽やかに離れ見守れる母になりたいともいました。(長野県・K様)

 

本日もありがとうございました。やっぱり今日も沢山頭と心に沢山刺激をいただきました。都合がつく限り、ゆうこさんに会いに行きたいとおもいます。絵本を読むとき、そのひびきに注意をはらうようになったら日本語いいなぁ と楽しくなりました。

力を抜いて一緒に育っていけるように、また探しにきまーす。よろしくお願いします。

(長野県 Nさま)

「いやだ」という言葉は、マイナスにしかとらえていませんでした。「いやだ」といわれるとこちらがつらくなり、その言葉の出来事をどうにかしなくては…と、いやだけれど頑張っていることを認めながら…でも頑張っているだけでは続かない…今の選択は本当にこれでよかったのか…と自信が持てなくなり、私が不安になり、息子を余計に不安にさせていたのかな・・・と思いました。

 休んでも大丈夫なんだ…社会とつながることは大きくなってからもいくらでもできるんだ・・・と安心をもらえました。頭ではわかろうとしていたけれどわかっていなかったな…私。これから子供と話をする前、自分の顔 見てみようと思いました。今日はありがとうございました。

(長野県 Nさま)

 

 

子供の成長が楽しみになりました。(長野県 Kさま)

 

 ☆心に響くトークライブでした。

「自分の状態を知る」という私にとって必要な課題を知ったので、それを意識しながらこれからの子供たちとのかかわりを変えて行きたいと思いました。

押さえつけていた子育てから子供から発信することに心をかたむけ、自分らしくいてもらえるように私自身の気持ちや言葉を判断していきたいです。

まずは私自身の課題を克服!変わっていくのが楽しみです。

子供たちを信じて楽しく過ごしたいです。

(長野県 Iさま) 

個性が強いのか!?ギフテッドチャイルドなのか!?

まだ5歳の長女を見守りたいと思います。今日は母性がよみがえりました。ありがとうございました。

(長野県 W様)


『子供の声を聞く』プラス『話している自分の声を聞く』という言葉に『しよう。』と思いました。ついつい聞かれたこと、子供の話に答えを出さなきゃと反応してしまうけど、そんな自分の声にも耳を傾け、子供との時間を大切にしようと思います。(2歳男の子のママ)

 

☆2歳10か月の男の子がいます。ちょうど毎日ヤダヤダと言っているので今日の話はとても勉強になりました。うちの子はとても慎重な性格で、新しい場所や人に対して怖がることが多くてどうしてなのかな、と思っていました。でも、子供にとってはとても怖いことなんだ、良く感じて、見ているんだと思ったら、子どもの視点で考えることができました。ありがとうございます。

 

ステキなお話をありがとうございました。わたしは8歳、5歳、0歳の3児がいまして、8歳の男の子に日々頭をかかえています。声かけの仕方、息子の見つめ方、とても心に響きました。ありがとうございました。

 

さなぎの中をのぞかない、大切なことを教えていただきました。子育て中にお話を聞けていたら、もっとよかったのにと思いました。

 

とても心が楽になりました。ありがとうございます。語りかけ、もっと色々知りたいので講座を受けてみたく思います。その時はどうぞよろしくお願いします。

 

素敵なお話をありがとうございました。『命を見守る』という言葉がとても心に残りました。ついつい日々の育児に追われてしまいます。子どもが産まれてきた時の、いるだけでありがとう、のその気持ちを思い出すことができました。


いやだという言葉は自分を守る言葉というのが、本当にそうだなぁと思いました。わたし自身、自分がいやだと言うことができない子供時代で、自分の子どもからいやだとわがまま(に思われる)事を言われるたびに苦しい思いをしましたが、今は嫌って言って良いんだという気持ちで聞くようにしています。自分の気持ちと社会の仕組みが合わないと感じることがありますが(学校や不登校、受験など)子供の気持ちを一番に見守れる親になりたいとおもいました。

 

子供を見てかわいいと思って育てればいい、というお話にほっとしました。周りに左右されないで子供を育てていけるように、子供の笑顔を大切にしていきたいと思いました。進化した人、印象に残りました。うちの息子は進化した人だからそうなんだなぁと思うことにしました。


とてもためになるお話をありがとうございました。うまく文章に表すことができませんが、もりやさんのお話を聞くたびに、わたしの中の点と点がつながって線になっていくような気がします。自分の中での軸をしっかりもっていきたいとおもいました。

 

子どもがいくつになっても、外の視線に気をとられず、しっかり子どもを見て子育てをしていきたいと思いました。


今、子育てで悩むことはほとんどないのですが、自分の小さいころのことを思い出しました。学校に行きたくないという妹を引っ張って通い、大人になるまで『あなたはほんとうに手がかからなくて』と言われ続けたけれど、本当はそんないい子じゃないのになぁ、と腑に落ちないことが続いていました。1歳で息子を保育園に預けるので、自分がどんなふうになるのか不安ですが、もりやさんの言葉を思い返して、自分を認めながら息子を育てていきたいです。

 

自分の五感が鈍くなってきているというか、目をつぶっているように自分自身で感じていたので、ハッとしました。3,5歳になった娘さんは最近また時折すごいエネルギー放出をするのですが、それを否定することをしてしまっています。寄り添える心の余裕が益々なくなってきています。子どもたちと楽しく生きて行きたいです。穏やかに話がきけました。ありがとうございました。

  

たぶん、赤ちゃんの時から、子供を1人の人として付き合っていくことが大切だと感じました。今、6歳と8歳の姉妹がいますが、子供をもう少し、ある意味、大人扱いするとお互いに心地よく生活する助けになると思いまして。そして、これから特にそれが必要となる気がします。


昨日はありがとうございました。もりやさんの言葉を反芻しながら、過ごしています。これからのことは、赤ちゃんが照らしていってくれるから、それに沿って歩んでいけばいいという言葉にとても安心しました。あとは、感じようとする想いは、時間や距離は関係ないという言葉にも救われました。昨日は久しぶりに外に出て、魂でつながりあえる方々と一緒にすごすことができて、心が軽やかになりました。子どもが成長していくために、ある段階を踏むということが魂、肉体のレベルでお話くださって、これから、娘が成長していくときには、魂や肉体の次元でも見守れるようにいようとおもいました。もりやさんの言葉は、いつも心に深く入ってきて私はなぜかすぐに涙が出てきてしまって、少し恥ずかしいです。すみません。娘を産んだ時、産科病棟で過ごすほかの妊婦の方々と産まれてくる赤ちゃんは、とってもむき出しで動物的に見えました。すべての人がそんな感性のままに、日常が送れたらいいのになぁと思います。たくさんの人がもりやさんの話を聞いて、自分の六感やインスピレーションがするどくなるといいです。

 

ゆうこさん、今日はお話会、ありがとうございました。ゆうこさんのお話は、一つ一つ号泣したくなるほど私の胸に響きました。いかなる時も暖かく見守って、できる限り我が子に付き合ってあげる事は私の課題です。私自身も親として人として成長していかなくては~と強く思いました。そして直観力ですね。

夫婦のお話もためになりました。またゆっくりゆうこさんとお話したいです。今日はありがとうございました。

 

ゆうこさんの話は愛とユーモアで面白い。温かい。安定感がある。声のトーン、話す速度も丸みがあり、かつ、強く、よい。具体例を交えてくれるので、すぐに浸透してくる。わかりやすい。聞きやすい。子育てに楽なんてないけれど、自分の気が楽になった。今、娘が可愛くてたまらないけれどこれからもますます楽しみになりました。なんて可愛いんだろうと心からそう思えるのです。⇁そうじゃない時も昔あったということです。思春期は噂やメディアで大変なことだと騒いでまるで怖いと脅されてしまう感がありますが、構えることはない。当たり前。来るべきものである。とても大切なことで歓迎されることだと気付けてほんとうによかった。あぁ~子どもって本当にすごいね。素晴らしいギフトを沢山くれる。私は親にこんなに与えられただろうか?はて?受け取るかどうかも親次第だよね~~

 

先日はお話をきかせていただき、ありがとうございます。つい、「親が子どもに教えてあげる」気になっていました。子どもが教えてくれる、その気持ちで子どもと向かい合っていきたいと思います。

 

今日はありがとうございました。子供からのインスピレーションを感じて、感じるままにできる範囲でかかわる。考えると悩むは違う。悩みごとを書き出す、などヒントになることがが幾つもありました。感謝です!参加してよかった。自分も五感を意識して感じてみたいと思いました。ナチュラルベーグル歌さんの飲み物やベーグルも美味しかった~!