もりや ゆうこ

子育てコンサルタント

2011年より長野県松本市在住

2012年より小学生の国語塾主宰

小説家谷崎潤一郎は従兄弟大伯父

雙葉学園 (東京・四谷)卒業

早稲田大学第一文学部卒業

夫と一男(23)一女(10)の4人家族

 

 

松本にはアルプスをのぞむ美しい自然と歴史を感じさせる風情のある町並みがあります。

 

五感を研ぎ澄ませ、心を調える絶好の場所。

 

ここ松本でお待ちしております。

正直に言えば、ゆうこさんを断腸の思いで推薦します!

 なぜなら、もりやゆうこのスペシャルトークと世界観を他の人に知られてしまうのが惜しいから…秘密の宝物のありかを教えてしまうみたいで…。

 

二 十歳の頃に出会ったゆうこさんは、お喋りで自由気ままなのんびり屋さん。十八番だった「踊るポンポコリン」の雰囲気そのままの、愛すべきキャラは今も変わらず。一方で、この世の真実に迫る嗅覚と意志をもつ人であり、誰の説にもよらず、誰にも媚びず、受け売りでもウケ狙いでもなく、自分の経験と感覚と思索に裏 打ちされたオリジナルな言葉を、人に伝えたい一心で紡ぎだす人です。

 

 そんな彼女が子どもを授かって、ずっと赤ちゃんに話しかけながら、暗くなるまでお散歩していたのを覚えています。「赤ちゃんのことは赤ちゃんに聞けば分かるのよ」と言って、子どもが発するものすべてを受けとめるような子育ては独特で、目の前の子どもの声を聞き分け、その望みを見極める力にはいつも驚かされてきました。

 

ゆうこさんの数年後に母になった私は、一歩前をゆく彼女の姿と珠玉の言葉たちに励まされ、今も子どもたちと愉快な日々を過ごしています。彼女が一念発起してお母さんたちに語りだしたと聞き、私の味わってきた幸せを多くの方々と分かち合えることを、とても嬉しく思っています。                              四半世紀分の友情をこめて 坂口里佳